動画で見るMashmatrixの機能

ドラッグ&ドロップで画面編集

画面の設計/構築は、Webブラウザ上でマウスによるドラッグ&ドロップ操作のみで完了。 面倒なプログラミング/コーディングの作業は必要ありません。

ウィジットの連動

画面上にある1つウィジット内のデータを選択すると、 連動して他のウィジット内でも関連する情報がリアルタイムに表示されます。​

データの直接編集

画面に表示されたデータは閲覧するだけでなく、編集をすることができます。 表計算ソフトのような感覚で操作できます

データの一括更新

ダッシュボード上でデータを更新すると、複数のレコードをまとめて更新することができます。

ウィジットのグループ化

複数の情報を詰め込んで表示させると画面が煩雑になってしまいがちですが、 ウィジットをタブなどにまとめる(グループ化)ことができるため、 すっきりとしたレイアウトで画面をデザインできます​。

検索フォーム作成

検索窓を設置することで、大量のデータの中から必要なデータをすぐに呼び出すことができます。 1つのキーワードを複数のデータベースから検索することも可能です。

検索フォームのレイアウトはレイアウトエディタを利用して簡単に変更できます。