Mashmatrix for Salesforce の主な特長

必要なすべての情報を1か所に集約

業務で日常的に使うデータについてはすぐにアクセスできるようにしておきたいもの。
Mashmatrixを使って、それぞれの業務ごとに必要なデータを集めた画面を用意しましょう。
もうデータを探しまわる必要はありません。

データ取得時には、必要なもののみを更新するため、利用時の体感レスポンス速度は大幅に向上します。

ほとんどの操作はマウスによるドラッグ&ドロップで可能であり、 完全に自社業務にカスタマイズされたポータル画面/ダッシュボード画面を簡単に作成できます。

検索フォームを作成して快適なデータ閲覧を可能に

膨大なデータの中から目的のデータを見つけだすのは一苦労。
Mashmatrixなら、検索フォームを作って、かんたんに絞り込み検索ができます。

Salesforce標準のレポート機能とは異なり、検索の条件をフォーム内にユーザが入力できるため、柔軟なレコード検索が可能です。
フォームには通常のテキストフィールドのほか、プルダウンやチェックボックス、日付選択フィールドなどを利用できます。
検索結果はグリッド表形式で表示され、並び順や追加の絞り込み条件も指定できます。
条件によりアイコンを表示したり文字のスタイルを変更することができるので、報告期限を過ぎた案件に赤色でマークしたり、 大きな規模の商談を太字にするなどの表示のカスタマイズが簡単です。

見るだけじゃない、直接データの編集もできます

検索したデータは閲覧するだけではありません。そのまま直接データの編集も可能です。
しかも一括更新もマウス操作でらくちん。
データのコピー&ペーストもできてしまいます。

データの編集は、編集したい表のセルをダブルクリックするだけでOK。
項目のデータ型にあわせて、編集入力メニューが現れます。
一括編集したい場合は、セルを右クリックで選択して、ハンドルをドラッグしましょう。

外部業務システム・Webサービスとの連携

Salesforceの外部に存在する既存の業務システムや、Webサービスの情報とも簡単に連携することが可能です。

インストールしたそのときからすぐ使える

利用の開始に、面倒なセットアップは不要。
また、直感的に操作ができるため、インストールしたそのときから、すぐに社内での利用が可能になります。